FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

薬師寺周辺のランチ

2015/11/04 08:10


奈良の数少ない名物の一つ、柿の葉ずしといえば
たなか、ヤマト、総本家 平宗 などが知られていますが、今回
オフィスシオンの社長さんのご厚意で、薬師寺と近鉄橿原線
九条駅 の中間あたりにある、総本家 平宗直営の


倭膳 たまゆら

に招待していただきました。

倭膳 たまゆら 倭膳 たまゆら01

お店に入るとすぐに、お土産(柿の葉寿司)が販売されています。

倭膳 たまゆら00

色々な種類がちょっとずつ食べられるランチを御馳走になりました。

倭膳 たまゆら03

メインプレート・サラダ・煮物・茶碗蒸し・吸物 ・御飯

倭膳 たまゆら04 倭膳 たまゆら05

デザート・コーヒーor紅茶

倭膳 たまゆら06

デザートは珍しい奈良漬けアイスで、奈良女子大学、奈良漬
プロジェクト研究チームが開発した、ほんのりとした奈良漬の味と
細かい漬物の食感が楽しめる面白く美味しいアイスでした。


平日昼のみ限定30食 和みらんち 1,650円 やたまゆら膳 
2,160円がおすすめのようです!


平宗は江戸時代末期、文久元年(1861年)に奈良は吉野上市村にて、すし・川魚・乾物の
製造販売を始め、明治35年に料理旅館平宗を創業、昭和43年に平宗奈良店を開店、
昭和54年に株式会社柿の葉ずしを設立し平成10年に西の京店に和食レストラン
「倭膳たまゆら」を併設し開店したそうです。


[編集]

【スポンサーサイト】

関連記事

【スポンサーサイト】

赤膚焼見学へ 2

2015/11/02 08:10


いよいよ工房へ!

赤膚焼見学10 赤膚焼見学11

いたるところに焼き物が展示されています。

赤膚焼見学11-1

赤膚焼見学11-2

箸おきから、季節に合わせた遊び心のある作品も。

赤膚焼見学12 赤膚焼見学13

赤膚焼見学14

焼き上げてから漆を施した作品も。

赤膚焼見学15

伝統的なものから、現代風なものまで工夫されています。

赤膚焼見学16 赤膚焼見学17

赤膚焼見学20

グラスの下を切り、赤膚焼とコラボさせた作品も。

赤膚焼見学17-2

つなぎ目は金でコーティングしてあるそうです。

赤膚焼見学18 (2)

赤膚焼見学19

工房内からの窯、使用するまきは赤松のみだそうです。

赤膚焼見学18

赤膚焼には裏に「赤膚山」という刻印がつけられています。「赤膚山」の刻印のみ見られる
のは古瀬堯三窯のもので、その他の窯のものには「赤膚山」または「赤膚」の刻印以外に
作家印や窯印がつけられているそうです。

そういえば我が家にある、いただいた茶盌にも「赤膚山 恵旦」
の刻印が入っていました。


工房内にはまだまだ沢山の作品が展示されていて、今回時間の都合で見学出来なかった
2階にも多くの作品があるそうです、ご興味のある方は一度訪れてみてはいかがでしょうか?


赤膚焼は名の如く、器肌に赤みを帯びていて、名の由来はその器肌という説と地元の地名
から来たという二説があり、その赤みを帯びた器に乳白色の萩釉を掛け、奈良絵と呼ばれる
絵付けを施した物がよく知られています。
奈良絵とは御伽草子などを題材とした庶民的な絵柄で、微妙な稚拙な構図が器肌の素朴さ
を巧く引き出しています。

赤膚焼は小堀遠州の好んだ遠州七窯のひとつに数えられます。
特にお茶の道具を造る窯として始まりました。
赤膚焼を産出する大和五条山は古代菅原の地で、附近一帯の土は製陶の素材として最も
適しており、垂仁帝の御世に野見宿禰の埴つくりのことが、古記録に見えることから推して
も明らかであります。
天正年間、秀長卿大納言秀長が尾張常滑の陶工与九郎を招いて五条山独自の登窯を始め、
その後京都の工人、仁清が当地において種々工夫を重ね、また郡山藩主柳沢家の御用窯と
なり、特に三代城主尭山公が民芸作興の趣旨の下に保護奨励されてより、柳 里恭の影響も 
遠州七窯の一 として世に喧伝されるに至ったのです。

大塩恵旦
昭和38年 赤膚焼窯元三代目 大塩昭山の次男として誕生。
平成 6年 赤膚焼窯元三代目 大塩昭山死去にともない、
がんこ一徹長屋にて赤膚焼 大塩恵旦として独立。 
奈良県工芸協会に所属する。



引用元 ウィキペディア 茶盌添付資料


[編集]

【スポンサーサイト】

関連記事

【スポンサーサイト】

赤膚焼見学へ 1

2015/11/01 08:10


オフィスシオンの寺尾社長さんのご厚意で赤膚焼の工房見学
に行ってきました。
奈良市中町にある窯元かと思っていたのですが、西の京駅すぐの


がんこ一徹長屋

の中ににある大塩恵旦 窯元の見学でした。
ここの長屋は何度か訪れた事があったのですがゆっくり赤膚焼を
見るのは初めてです。


赤膚焼見学

がんこ一徹長屋の正面入口の長屋門です。

赤膚焼見学01

以前は入場料がいりましたが、無料になっていました。

赤膚焼見学06

通りに面して職人さんの仕事場があり伝統の匠の技を見学したり、
作品を購入することが出来ます。


赤膚焼見学02

一番奥にある墨の資料館への入口

赤膚焼見学03

赤膚焼「大塩恵旦」以外にも、組紐「ならくみひも鳳美」、一刀彫「志清」、 
筆工房「博文堂」、等々6軒ほどの工房があります。


赤膚焼見学04 赤膚焼見学05

工房の前に、たわわに実ったかりんの木と、隣接する窯が目を引きます。

私の記憶では、この長屋は墨運堂さんが平成6年に西の京工場の
改築,新工場と「墨の資料館」を創られた時に、隣接地に大和の
工芸品を一堂に集めた職人長屋としてオープンしたはずです。


赤膚焼見学07

寺尾社長さんの事務所でお食い初めのプレゼント用としての
赤膚焼を見せていただいたのが今回ここに来るきっかけになりました。


いよいよ工房の中に!

   続く~

がんこ一徹長屋
営業時間:AM 10時~ PM 5時(入場は4時30分まで)
休業日 :毎週月曜日(休日の場合は翌日)
お盆休み:8月1日~31日(休館)
年末年始:12月29日~1月5日(休館)
入館料 : 無 料
西の京駅から西へ徒歩2分。(西の京駅のホームの西隣)
〒630-8043 奈良市西の京町215-1

[編集]

【スポンサーサイト】

関連記事

【スポンサーサイト】


特別リンク

マウスを重ねると紹介文が出ます。
★山猫はバレーと居酒屋が好き

★情報トリガ ググタヌ

ツイッター

マイページ人気

カスタムCSS

プロフィール

seiko
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

動物 (20)
犬 (11)
猫 (7)
初めての投資 (119)
* クリック株365 (6)
*  FX (5)
* 投資経過 (4)
* 一目均衡表 (6)
* 投資セミナー (94)
製品 (133)
* 文房具 (15)
* 家電 (9)
* 食器 (4)
* インテリア (9)
* 便利グッズ (55)
* ペット (4)
* おもしろグッズ (19)
* おもちゃ (15)
アウトドア (10)
* グッズ (15)
食品 (585)
* お菓子 (51)
* スイーツ (43)
* 和菓子 (24)
* お菓子のパクとモグ (11)
* マネケン (26)
* オランジェ (28)
* ドンレミー (32)
* モンテール (43)
* プレシア (15)
* ロピア (31)
* サンラヴィアン (3)
* アンデイコ (4)
* ヤマザキ (15)
* アイス (24)
* パン (113)
* 食べ物 (16)
* インスタント&カップめん (53)
* 飲みもの (20)
* 料理 (16)
* 外食 (4)
* 食の安全情報 (11)
アート (51)
 * ストリートアート (8)
 * フェイスペイント&メイクアップ (3)
 * ボディペイント (2)
 * 食品アート (11)
神社仏閣&観光 (29)
 * パワースポット (15)
 * 奈良の観光&食事 (8)
情報 (73)
 * 車 (6)
 * お得な情報 (8)
 * 発明&開発 (29)
DIY (9)
  * アイテム (2)
 *暮らしの知恵 (0)
未分類 (21)
建物 (9)
終活 (16)
本 (7)
フィギュア (2)
ミニチュア (8)
 * 料理 (2)
CM (2)
広告 (0)
 花 (4)